スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校に任せていたら受験勉強は間に合わない!

入試という目標に向けて、勉強のペースを作っていく必要があります。
受験勉強のペースメーカーになるのは学校になります。
学校の授業のペースに合わせて勉強を進めていきます。

index.jpg

多くの学生が学校に任せていると思います。
しかし、実際にはそれではいけません。
入試までに間に合わないことが大半になります。
なぜかというと、学校は卒業まで全ての範囲を終わらせるからです。

つまりは3年間で全ての範囲を勉強し終えます。
大学に行かない、受験が必要ない学生に合わせるのでこれは仕方ないです。

3年間で勉強し終えることの何が悪いのかというと、

・最後に学ぶ範囲がギリギリになる
・今までの総復習をする時間がない

この2つが問題になります。

それぞれ説明していきます!

最後の範囲がギリギリ


担当する先生のペースにもよりますが、最後の範囲を終わるのが入試ギリギリになります。
よくある話なのですが、受験範囲をやり終えたのが入試2週間前だったりします。
こんなにギリギリで終わっていては、問題を解いて慣れる時間もないです。

下手をすると、終わりきらなくて飛ばし気味になることもあります。
受験をする側からすればえらいことですよね。

今までの総復習をする時間がない


受験勉強の基本としては、
受験範囲の学習→総復習→入試
こういった流れで入試を迎えたいです。

しかし学校のペースに合わせていくと、
受験勉強の学習→入試
どうやってもこの流れになります。

理想としては1、2年の間に全ての範囲を終わらせて、3年総復習期間にあてたいです。
ここまで余裕を持つのは厳しいですが、できるだけ近づけたいです。
受験は総復習の時間をどれだけ長くとれるかがキーになります。

まとめ


学校のペースで勉強を進めると入試には間に合いません。
どうしても自分で進めていく必要があります。

のほほんとしていると手遅れになってしまいます。
自分でプランを立てて勉強しましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カテゴリ別記事一覧
フリーエリア
クリックお願いします!
↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。