普段の学校生活は合格に繋がる!

受験対策といえば、高校3年ぐらいから始めるのが一般的です。
進学校や私立の学校になるともっと早いです。

しかし受験対策というのは、それでも時間が足りないものです。
本当に1から勉強をスタートさせたなら、もっと時間が要ります。

勉強時間をカバーするためには、普段の勉強習慣が大事になります。
1年の頃から気を張り詰めろ、とまでは言いません。
むしろ高校生活を楽しんでほしいです。

部活動や遊びも色々してください。
高校時代にしかできないことはたくさんありますからね。

しかし、その中でも最低限の勉強はしておきましょう。

・授業をしっかり聞いておく
・小テストはきちんと受ける
・宿題をやる

こういったことの積み重ねにいきてきます。
サボればサボるほど辛くなるのは自分です。
その時は楽かもしれませんが、受験をする際に大変になります。

『めんどくさいけど先生が言っているからやるか。』
最初はこんな気持ちで構いません。
本格的に受験対策に取り組むまでは、自分から勉強をすることはなかなかできませんからね。

特に定期テストはがんばりましょう。
定期テストをがんばっていれば、勉強についていけなくなることは無くなります。
一番怖いのは、その分野のことを全く覚えていないことです。
1つも覚えていないのと、ちょっと覚えているは違います。
受験対策を始める際に実感することになります。

定期テストは勉強のモチベーションにもなります。
順位とかも出たりしますしね。
もしできるなら高順位を狙ってみましょう。
勉強に対しての自信になります。
自分は勉強ができると思い込ませることが大事です。
一定の期間で行うので勉強のマンネリ化も防げます。

せっかくなので定期テストはしっかり取り組んでみましょう!

進学校なら模試があったりします。
そういった模試もしっかり取り組みましょう。

13.jpg

正直、結果はすぐには出ないことが多いです。
少なくとも結果が出るには3ヶ月かかると言われています。
定期テストや模試の点数が悪くても目標は入試です。

取り組んだ内容は絶対に役に立ちます。
入試の力になるように普段から取り組んでいきましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カテゴリ別記事一覧
フリーエリア
クリックお願いします!
↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR